がん治療を受ける

Hospital

免疫細胞を使った新しいがん治療法

がんはかつては不治の病と呼ばれ、今でも死亡原因の上位に位置する恐ろしい病気です。 私達の体には免疫細胞という外敵から身を守る機能を持った細胞があります。 その細胞をうまく利用した新しいがんの治療法が免疫療法と呼ばれるものです。 名前だけは聞いたことがあり、可能であれば治療を受けてみたいと考えている人少なくないでしょう。 免疫療法は新しいがんの治療法であり、今のところは健康保険がきかない自由診療ということになっています。 その為、かかる医療費は医療施設によって大きく異なります。 ただし、公的保険の対象にはなりませんが医療費控除が適用されることもあります。 また、がん保険の中には免疫療法を行う場合にも適用されることがあります。

全く新しいがんの治療法として注目される免疫療法

がんの治療法としてもっとも一般的に行われているのは外科的治療を行う方法です。 これと同時に放射線治療や化学療法を行うのが従来の治療法です。 そこに新しく体外で活性化させ増殖させたTリンパ球などを再び体内に戻し、がんの治療を行う免疫療法が登場しました。 この治療方法は免疫細胞を使った治療なので、従来の治療法にはなかった様々な利点から注目が集まっています。 その利点の中で一番注目されているのが元々体内にある免疫細胞を使うので、極めて副作用が少ないということです。 従来の放射線治療や化学療法の場合には苦しい副作用があるということで敬遠されることもありました。 免疫療法は従来の治療法と併用することで、より高い効果を発揮するということで注目されている新しい治療法なのです。