免疫療法を行なう

Hospital

免疫療法とナチュラルキラー細胞について

免疫療法は私たち自身が持って生まれた病気を克服する力に注目して行われる治療法です。私たちの免疫システムの働きを活性化させることで、薬害や副作用もなくがん治療を行うことができるという点で、従来の3大がん治療法にはない新しい治療法といえます。 免疫療法は、活性させたリンパ球を患者の血液から取り出し、その中に含まれているナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させることでがん治療を行う方法です。NK細胞はがん細胞を弱らせる為に働く攻撃的な細胞です。この細胞を患者の体の外へとり出して細胞の数を増やした後、患者の体の中に戻します。体の中に戻されたあとで、がん細胞に攻撃を始めます。そのため放射線を用いた場合などと比べると患者への負担感が少なくなるというメリットがあります。

免疫を活用した治療の有用性について

このように免疫療法は自己がもって生まれた免疫細胞システムに着目して治療を行う方法です。しかし、標準的な放射線治療や化学療法などの医療現場で標準的に用いられている西洋的な医学療法というよりも、どちらかというと東洋医学に近い特徴をもっているとも考えられています。患部の血行の改善を行ったり身体を温めたりしながら、免疫療法によって末期がんを治療したという人もいます。このことから有用性の高い治療法と考えられます。 免疫療法は今だその効果の検証途中にあると言われますが、患者自身のもつ治癒力を高めるという点で、これまでの3大がん治療法にはない新しいがんの治療法として今後もますます注目されていく治療法であると言えます。